社労士コラム

国民年金の免除について   [2012.11.01]

   国民年金には、保険料を支払うのが困難な人のために、届出や申請をして保険料が免除される制度があります。その制度を「免除制度」と言いますが、どのような制度なのでしょうか。

【国民年金の免除制度】
   この制度は、自営業者・無職・フリーターなどの第一号被保険者にのみ適用されます。
   免除制度は、加入期間として計算されるだけでなく、保険料の一部を払ったことにしてくれる制度で、保険料の免除には①法定免除②申請免除があります。

① 法定免除
   届出により、保険料が全額免除されます。対象者は以下の通りです。
    ・生活保護法の生活扶助を受けている人
    ・障害年金(1,2級)をもらっている人

② 申請免除
申請して認められることにより、保険料の全額または一部を免除されます。対象者は以下の通りです。

      ・生活保護法の生活扶助以外の扶助を受けている人
      ・障害者または寡婦(未亡人)で所得が125万円以下の人
      ・経済的な事情で保険料の支払いが困難な人

【収入は世帯全体でみる】
   経済的な事情の場合は所得制限があります。
   所得制限は本人だけでなく、配偶者や世帯主も見て判断し、このうち誰か一人でも所得が多い場合は免除は受けられません。
  ただし、失業した場合は特例があり、本人の所得を除外して、配偶者・世帯主の所得だけで判断されます。  
   また、震災や火災などによって財産のおおむね2分の1以上の損害を受けた場合も、同様の特例があります。(損害保険を受けた分は除く)

   その他にも、学生納付特例や若年者納付猶予制度などさまざまケースで免除が受けられます。
   これらの申請は、住民登録をしている市区町村の国民年金窓口で行うことができます。
    また、手続きは郵送でも出来ます。

お気軽にご相談ください

  • 初回無料相談受付中

サービス案内

  • 顧問サービス
  • 就業規則の作成

その他サービス

情報コラム

情報コラム新着記事

事務所案内

  • 磯野 仁 社会保険労務士事務所
  • 代表:磯野 仁
  • 〒723-0144
  • 広島県三原市沼田東町末広325-51
  • 電話:0848-66-0646
  • FAX:0848-66-0646
  • 営業時間:平日 9:00~18:00

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム