社労士コラム

2012年冬のボーナス見通し   [2012.11.09]

   この10月31日に発表された厚生労働省の「毎月勤労統計」では、2012年夏の賞与(ボーナス)の一人あたりの平均支給額は358,368円で、前年比-1.4%と2年連続で減少しています。(事業所規模5人以上)
   次のPDFファイルを参照ください。
       http://sr-isono.com/files/H24NATUSHOUYO.pdf


   個々の業種でみると、次のようです。

      *大きく落ち込んだのは、「建設業」の-12.5%(339,109円)です。
         復興需要などで人手不足と考えられるにもかかわらずこのような状況です。

      *それに続いてのマイナスは、「その他サービス業」-7.5%(218,797円)、
         「製造業」-3.1%(471,888円)、「教育、学習支援業」-2.2%(504,277円)、
         「情報通信業」-2.1%(600,225円)です。

      *一方、大きく増加した業種として「生活関連サービス等」16.1%(183,223円)、
         「卸売、小売業」5.3%(306,116円)があります。
         これは、夏頃までは個人消費が活発であったことの反映です。

      *「電気・ガス業」の4.2%増(754,604円)は、昨年に大きく落ち込んだ反動の影響です。

  
   では、2012年冬の賞与の予想ですが、「三菱UFJリサーチ&コンサルティング」の予想では、次のようです。
    「海外経済の減速を受けて輸出の低迷が続いている上、震災後、順調に回復してきた
     内需の動きが
一服している。
     足元で景気の動きは弱まっており、冬のボーナスを取り巻く環境は非常に厳しい。
     結果、冬のボーナスは4年連続で減少し、最低水準はさらに更新する見込み。  
     前年比-3.7%と前年を下回ることになるであろう。」

   御参考までに。

  

お気軽にご相談ください

  • 初回無料相談受付中

サービス案内

  • 顧問サービス
  • 就業規則の作成

その他サービス

情報コラム

情報コラム新着記事

事務所案内

  • 磯野 仁 社会保険労務士事務所
  • 代表:磯野 仁
  • 〒723-0144
  • 広島県三原市沼田東町末広325-51
  • 電話:0848-66-0646
  • FAX:0848-66-0646
  • 営業時間:平日 9:00~18:00

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム