社労士コラム

平成25年度 協会けんぽの保険料率について   [2013.03.25]

はじめに
毎年3月は、協会けんぽ保険料(健康保険料・介護保険料)の改定時期です。
近年、少子高齢化・医療費の伸びなどの影響を受けて保険料率が上昇し続けていましたが、平成25年度の保険料率は据え置き となりました。

ここでは、現行の保険料を改めてお知らせし、同時に各種保険料率などの改定時期を忘れないためのコツについて解説します。

地域別 平成25年度保険料率
平成25年3月度からの協会けんぽの健康保険料率・介護保険料率は、前年と変わらず以下の通りです。

【健康保険料率】

都道府県

保険料率

北海道

10.12%

千葉県

9.93%

東京都

9.97%

神奈川県

9.98%

愛知県

9.97%

京都府

9.98%

大阪府

10.06%

兵庫県

10.00%

奈良県

10.02%

広島県

10.03%

愛媛県

10.03%

福岡県

10.12%

鹿児島県

10.03%

沖縄県

10.03%

【介護保険料率】全国一律:1.55%

 

各種保険料が変わるタイミング
今回は協会けんぽ保険料率に変動はありませんでしたが、原則として毎年3月度に変更します。
同様に、各種保険料などには変動タイミングに法則があります。

【1. 暦月による変動タイミング】

種類

備考

1

源泉所得税額

所得税法改正に連動して変更。

平成25年1月から復興特別所得税も。

3

協会けんぽ等保険料率

今回は保険料率据え置き。

4

労災保険料率

雇用保険料率

4月に労働保険料改定の可能性あり。平成25年度は労働保険料も据え置き。

7

社会保険料率

(健保、厚生年金)

4月昇給により、標準報酬月額が著しく変動する場合。

9

厚生年金保険料率

平成29年まで毎年上昇。

【2. 従業員の年齢による変動タイミング】

年齢

種類

備考

40

[介護保険料] 控除開始

誕生日が属する月分から。

64

[雇用保険料] 控除終了

年度の初日時点で64歳の場合。

65

[介護保険料] 控除終了

誕生日の前日が属する月分から。

70

[厚生年金保険料] 控除終了

誕生日の前日が属する月分該暦月に当する場合率のは変動がないか から。

給与計算の際には、まずを確認し、次に年齢による変動が必要かを確認すると改定漏れを防ぐことができます。

お気軽にご相談ください

  • 初回無料相談受付中

サービス案内

  • 顧問サービス
  • 就業規則の作成

その他サービス

情報コラム

情報コラム新着記事

事務所案内

  • 磯野 仁 社会保険労務士事務所
  • 代表:磯野 仁
  • 〒723-0144
  • 広島県三原市沼田東町末広325-51
  • 電話:0848-66-0646
  • FAX:0848-66-0646
  • 営業時間:平日 9:00~18:00

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム