社労士コラム

年金に関するQ&A (1)   [2013.04.26]

年金関係で、しばしばお問い合わせのある質問に対する回答を紹介いたします。

Q1
「この度、パートを雇いますが厚生年金に加入させなければならない?」

A1
パートを厚生年金保険の被保険者とするべきか否かは、使用関係の実態に応じて判断します。

目安は、勤務時間と勤務日数の両方が一般の社員の方の3/4以上であるか否かです。
両方とも3/4以上であれば厚生年金保険の被保険者にする必要があります

 ① 勤務時間
  1日の所定労働時間が一般社員の概略4分の3以上であれば、被保険者にする必要があります。
    例えば、一般社員の所定労働時間が1日8時間とすると、6時間以上が該当します。
    日によって勤務時間が変わる場合は、1週間をならして、所定労働時間の概略4分の3以上の勤務時間で
    あれば該当します。

 ④ 勤務日数
  1ケ月の勤務日数が、一般社員の所定労働日敷の概略4分の3以上であれば該当します。
   

<補足1> 
平成21年6月30日から短時間正社員に方への厚生年金保険の適用が可能となり、勤務時間及び勤務日数の4分の3にとらわれることなく加入ができます。

短時間正社員:他のフルタイムの正規型の労働者と比較し、その所定労働時間が短く、期間の定めのない労働契約を締結している者。
かつ、時間当たりの基本給及び賞与・退職金等の算定方法等が、同一事業所に雇用されるタイムの正規型の労働者と同等である者。

<補足2> 
60歳を超えて65歳までの特別支給の老齢厚生年金の受給権のある方が、年金を貰いながら働きたいが、どの程度までは、許されるのかと聞かれることがありますが、その回答は、正に、この概略3/4目安となります。

お気軽にご相談ください

  • 初回無料相談受付中

サービス案内

  • 顧問サービス
  • 就業規則の作成

その他サービス

情報コラム

情報コラム新着記事

事務所案内

  • 磯野 仁 社会保険労務士事務所
  • 代表:磯野 仁
  • 〒723-0144
  • 広島県三原市沼田東町末広325-51
  • 電話:0848-66-0646
  • FAX:0848-66-0646
  • 営業時間:平日 9:00~18:00

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム