社労士コラム

障害年金、請求漏れ2万人以上 厚労省調査で判明   [2013.09.19]

  今年の7月、身体障害者手帳を持つ20歳以上の人のうち、障害年金を受給できるのに請求手続きをしていない人が0.4%程度に上るとの調査結果を、厚生労働省が発表しました。

  手帳保有者の数から推測すると、請求漏れは2万人程度とみられるとのことです。 

  精神障害者や知的障害者の調査は実施しておらず、障害年金全体の請求漏れは2万人を上回る可能性が高いとのことですが、この原因の一端は、請求手続き理解のむずかしさと煩雑さにあると思っています。私の経験では、決定までに年金事務所に2~3回通い、病院にも2~3回通い、そして書類作成が一日がかりとなります。これだけの労をかけても出るか出ないかは審査次第になります。(ただ、受給となる可能性の高い書類等の作成の仕方は身に付きましたが・・・)

 さて、障害年金は、障害基礎年金や障害厚生年金などがあり、障害が一定程度以上重いことなどが受給条件。障害基礎年金は、原則20歳以上の人が受給対象で、最も重い1級で子どもの加算がない場合、年98万3100円受け取れるものです。請求がおくれても時効が5年ですので、直近5年間のものは受給できる可能性があります。つまり、この例では、約500万円が受給できる可能性もあります。

  おこころあたりの方は、当事務所の初回無料相談をご利用(電話、FAX、メール)ください。

初回無料相談:    http://sr-isono.com/contact

 

お気軽にご相談ください

  • 初回無料相談受付中

サービス案内

  • 顧問サービス
  • 就業規則の作成

その他サービス

情報コラム

情報コラム新着記事

事務所案内

  • 磯野 仁 社会保険労務士事務所
  • 代表:磯野 仁
  • 〒723-0144
  • 広島県三原市沼田東町末広325-51
  • 電話:0848-66-0646
  • FAX:0848-66-0646
  • 営業時間:平日 9:00~18:00

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム