社労士コラム

介護休業93日の意味を考える   [2014.02.14]

「育児・介護休業法」においては、同一の対象家族1人につき、要介護状態ごとに1回、通算して93日を限度として、介護休業を申出ることができます。

同じ法律の育児休業原則1年間の休業期間に比べて、介護休業の休業期間が短いように思われますが、これには、次の理由があります。

1.育児休業と違って、自分で介護に専念するための制度として設定されていません。                  

   一般に、介護が必要な期間は平均5年程度といわれています。このため、93日ではとても足りません。

2.では93日間は何のための期間かですが、介護サービスを探したり、その手続きをしたり、家族で役割

    分担したり、休んだ後も介護と仕事を両立できるよう、集中的に体制を整える期間という位置づけです

 

この93日の期間に、そうした体制を整えずに、自分で介護することだけに時間を費やしてしまうと、休み明けの94日目から誰が介護するのかということになってしまって、結局、仕事を辞めざるをえなくなってしまいますので、介護休業を取られる従業員さんへのアドバイスが必要です。

お気軽にご相談ください

  • 初回無料相談受付中

サービス案内

  • 顧問サービス
  • 就業規則の作成

その他サービス

情報コラム

情報コラム新着記事

事務所案内

  • 磯野 仁 社会保険労務士事務所
  • 代表:磯野 仁
  • 〒723-0144
  • 広島県三原市沼田東町末広325-51
  • 電話:0848-66-0646
  • FAX:0848-66-0646
  • 営業時間:平日 9:00~18:00

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム