人事労務情報

コスプレ強要は不当/カネボウ子会社に賠償命令   [2013.02.28]

パワハラに関する判決が2月21日に出ました(下記)

***********************************************
販売目標に届かなかった罰にコスプレを強要され精神的苦痛を受けたとして、カネボウ化粧品販売(東京)に勤務していた大分県内の60代女性が、同社や当時の上司らに計330万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大分地裁(一藤哲志裁判官)は21日までに、同社と上司に計22万円の支払いを命じた。

判決によると、女性は2009年7月、8月の販売目標に達しなかった。10月の大分支社での研修会で、他の3人と一緒に箱を選ばされ、中に入っていたウサギ耳のカチューシャなどのコスチュームを長時間着用。11月の研修会で、写真がスライド上映された。

一藤裁判官は「任意であっても拒否するのは非常に困難だった。正当な職務行為であるといえず、心理的負担を過度に負わせた」と指摘した。

原告代理人によると、原告の女性は「精神的苦痛に対する評価が低すぎる」として、控訴する意向だという。

親会社のカネボウ化粧品は「判決文が届いていないので、内容を検討して判断したい」としている。

(共同通信)
2013年2月21日
***********************************************

パワハラの定義の一つの例を次に示しますが、
「職務上の地位または職場内の優位性を背景にして、
本来の業務の適正な範囲を超えて、
継続的に 相手の人格や尊厳を侵害する言動を行うことにより、
就労者に身体的・精神的苦痛を与え、また就業環境を悪化させる行為」

この条件に今回の例は、合致しており、会社と上司の敗訴は、確定的と思えます。
ただ、原告の主張のように罰金額に余地があるかも知れません。
もっとも、最終的に自殺に至った最悪のケースでは、何千万から億単位の賠償が命じられることもあります・・・。

この件でも言えるのですが、管理職(上司)のパワハラへの認識の無さが残念です。
管理職への教育をしっかりしないと会社は思わぬ賠償金を請求させます。

管理職への教育の徹底が痛感されます。

このような件でのご相談はお気軽に当事務所へ。

お気軽にご相談ください

  • 初回無料相談受付中

サービス案内

  • 顧問サービス
  • 就業規則の作成

その他サービス

情報コラム

情報コラム新着記事

事務所案内

  • 磯野 仁 社会保険労務士事務所
  • 代表:磯野 仁
  • 〒723-0144
  • 広島県三原市沼田東町末広325-51
  • 電話:0848-66-0646
  • FAX:0848-66-0646
  • 営業時間:平日 9:00~18:00

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム