人事労務情報

最低賃金改定について   [2016.09.14]

  10月から最低賃金改定され、広島県では、10月1日から時間給750円から793円に改定され、24

円上がりました。(岡山県では、10月から時間給757円に改定されています)

企業にとっては痛いですが・・・、従業員にとっては、朗報ですが・・・。

さて、この最低賃金をクリアしているかのチェックの仕方ですが、先日、企業のかなりベテランの担当者の方が勘違いされていましたので、このチェック法についてお話します。

 

「最低賃金チェックの計算法」

1)時給の場合:そのまま比べる。

2)日給の場合:1日の所定労働時間で除して、比べる。

この2つはわかりやすいのですが、問題は月給の最低賃金の計算法です。

3)月給の場合:労働局のパンフレットにありますように、

                   (月給)÷(1か月平均所定労働時間)で比べれば良いのですが、ここでの

                   ’平均’ を忘れて、(その月の所定労働時間)で除して、違法か否かを判断

                   する間違いをされている場合があるのです。

 

このように誤解している場合、週44時間制の事業所で、最低賃金の対象となる給与が153,000円の場合:

その月の所定労働時間は、31日の月⇒194時間、30日の月⇒188時間だとして、単純に除すと、

31日の月  153,000円/194時間=789円/時間

30日の月  153,000円/188時間=814円/時間

となり、31日の月は上記の「広島県の平成28年10月からの最低賃金793円」を下回ってしまいます。

これでは、マズイとのことで、

793円/時間×194時間≒153,900円

とされる方が、おられるようです。

正解は、週44時間制の場合の(1か月の平均所定労働時間)は191時間以下ですが、例えば190時間とすると、

31日の月、30日の月などの「月の総日数」に関係なく、

151,100円/190時間=795円/時間

となり、最低賃金をクリアしています。

1か月の平均所定労働時間が190時間なら、例え、実際にある月が最低賃金を下回っても、基本給151,100円は違法ではないのです。

一度、ご確認ください。

お気軽にご相談ください

  • 初回無料相談受付中

サービス案内

  • 顧問サービス
  • 就業規則の作成

その他サービス

情報コラム

情報コラム新着記事

事務所案内

  • 磯野 仁 社会保険労務士事務所
  • 代表:磯野 仁
  • 〒723-0144
  • 広島県三原市沼田東町末広325-51
  • 電話:0848-66-0646
  • FAX:0848-66-0646
  • 営業時間:平日 9:00~18:00

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム